素焼き窯出しと試作

窯出しした素焼きのうつわ
なかなか一度にたくさんのうつわを作る時間がないので、朝の時間や隙間時間を見つけてコツコツと作りためています。

そうして窯いっぱい分くらいになったタイミングで焼成。

使っている電気窯は、マイコン制御(こう書くとなんだかレトロな感じがしますね)で温度管理して焼き上げてくれるので、最初に設定しておけば、スイッチを入れてプログラムを選んであとはおまかせです。

約一日かけて素焼きして、翌朝、窯の中の温度を確認、取り出せる温度になっていたら窯出しです。

今回の焼成では、プレートが7枚割れてしまっていてちょっとショックでした😓

乾燥不足か成形時に粘土の締め具合が足りなかったか、次からはもっと気をつけなければ。

また、それとは別に試作品も製作していて、コーヒーのドリップに使ったり、カトラリーを入れておいたり、花器にも使い回しのできそうなピッチャーをいくつかろくろで成形してみました。
試作で作陶したピッチャーの本体

こらから胴や高台を削ってもち手をつけて仕上げていこうと思います。

この中からお気に入りのものが完成したら良いのですが。

それではまた、次の日々のことで。

InstagramとTwitter、Facebookページでも更新しています。
フォローやリムーブはお気軽にどうぞです。