一輪挿しの削り上げ

一輪挿しを削り上げた写真
成形してしばらく放置していたものと、先日成形した一輪挿しを削りました。

一輪挿しは、削るために逆さにする際、そのままでは安定しないため、シッタという補助道具をつかうので、準備のこともありますし、やはりいくつかまとめて削るのが効率が良いですね。

この一輪挿しには、花を一輪だけさした時にも、あまり斜めに倒れないよう、構造に仕掛けを施してあるんですが、残念ながら外見的には判らないんですよね。

それがちゃんと仕上がっているかどうか、今から焼き上がりが楽しみです。

釉薬は何にしようかなぁ?


InstagramとFacebookでも更新しています。
フォローやリムーブはお気軽にどうぞです。

アトリエ・マーニ(@atelier.mani) • Instagram写真と動画

アトリエ・マーニ(@atelier.mani)のFacebookページ