小さくてシンプルな急須

試作した小さくてシンプルな急須の写真
うつわ作りの中でも難易度の高いのが急須と言われているようで、どれだけ難易度が高いのかを確認してみようと試作してみました。

出来上がったのは、持ち手が横についた、手のひらサイズと言って良いくらい、小さくてシンプルな急須です。

作ってみた感想は、、やはり言われている通りでした。


急須は胴体や蓋、注ぎ口、持ち手などの各パーツごとに作り分けて、少し乾燥を進めた後にそれらを組み合わせるのですが、各パーツを作るのも、組み合わせるのも非常に難しく手間のかかる作業でした。

急須には、注ぎ口の内側に茶漉しを一体成型することも多いですが、今回のものにはそれは断念。

作りかけたものの、沢山の穴あけ作業と道具不足もあってうまくできなかったのでした。

また機会をつくって再挑戦してみようと思います。


InstagramとFacebookでも更新しています。
フォローやリムーブはお気軽にどうぞです。

アトリエ・マーニ(@atelier.mani) • Instagram写真と動画

アトリエ・マーニ(@atelier.mani)のFacebookページ